人間関係改善のためのコミュニケーション

NLPトレーナー梅本和比己のブログ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 神代植物公園でバラを見てきました | main | 若者と就職 >>

ココロのびのびコミュニケーション

今日は八王子市内にあるクリエイトホールというところで、子育て中のお母さん達のためのコミュニケーション講座を行いました。この講座は、2回で構成されていて、今日がその第一日目です。講座のテーマは、コミュニケーションすることで、気持ち(ココロ)を楽にする体験です。

子育て中のお母さんは、毎日同じことの繰り返しに疲れていてココロの余裕を失うことも少なくありません。そんな状態をさして「煮詰まっています」とよく言われます。そこで、今日はできるだけ安心できる関係の中で、相手のお話を「聞く・聴く」ことと自分も話す時間をつくりました。

私たちは、他人と接する時に傷つきたくないあるいは相手を傷つけるのではないかという恐れから、しばしば自分の気持ちを素直に表現しないことがあります。冷静に考えると、悪い結果を心配しすぎていることが多いのですが、なぜかココロの中で「ストップ」をかけてしまいます。

コミュニケションは、まず相手に自分を伝えることから始まります。人は、伝える時にある「決め事・ルール」のようなものがあるとか、同じ作業をしながら話すとか自分と相手の間に何かが存在していると安心できることがあります。

その働きを使って、できるだけ話し合っていただきました。講座の評価はけっこうよかったので、楽しんでいただけたのだと思います。次回は、難しい関係の中で、どのように自分の考えや気持ちを伝えるかというコミュニケーション技法をトレーニングします。
親子・家庭 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://humanrelation.jugem.jp/trackback/98
この記事に対するトラックバック