人間関係改善のためのコミュニケーション

NLPトレーナー梅本和比己のブログ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ミスを素直に認めない部下への対応 | main | 怒りとセルフコントロール >>

体の声・言葉を聴く

久しぶりにゲシュタルト療法のワークショップに参加しました。ファシリーテータは百武さんです。ゲシュタルト療法は、NLPのモデルの一つとして有名ですが、十分に学んでいる人は案外少ない気がします。ゲシュタルト療法そのものをしっかり学ぶことは、NLPプラクティショナーにとって確実にスキルアップになると思います。

特に、体の声を聴くという体験をしておくことで、より無意識とのコミュニケーションの意味を理解できると思います。ゲシュタルト療法では、幼少のころに身につけた間違った思い込みやトラウマを「未完了の仕事」という呼び方をしますが、それらは体の筋肉にしっかり刻み込まれているといいます。

体に刻みこまれたさまざまな思いを聴くことで、新しい「気づき」が得られます。人は「気づき」があれば、今までとは違う「選択の自由」を手にいれることができます。つまり柔軟性が生まれるのです。

ワークをする方々が、短時間に柔軟になるのを見ながら、ゲシュタルト療法のよさを改めて感じました。百武さんの次のワークショップは、7月に行われます。関心のある方は、下記のURLをご覧下さい。

http://www.iryo.co.jp/q547.html
NLP活用法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://humanrelation.jugem.jp/trackback/91
この記事に対するトラックバック