人間関係改善のためのコミュニケーション

NLPトレーナー梅本和比己のブログ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< メンタルヘルスマネージメント検定?種試験 | main | 教育キャリアカウンセリング >>

上司のコミュニケーション力

最近、管理職の方々を対象とする講演の依頼が多くなりました。その背景には、部下との人間関係に悩むことが多くなったという状況があるのだと思います。研修中にも、以前にはあまり出なかった具体的なご質問を頂きます。

管理職の方々自身のメンタルヘルスのためにも、部下達やプロジェクトチーム全体とのよりよい人間関係があるにこしたことはありません。ところで、管理職にとって役にたつコミュニケーションスキルとは、なんだろうとふっと思いました。今までなら、よきリーダーとしてモデルとなるようなスキルが必要だったと思います。

しかし、今は部下や同僚をサポートでき、相談にのってあげるためのスキルが必要な気がします。相談者には、どこか人間的なやさしさや暖かさが求められます。一方、会社の管理職として業績を上げていくための厳しさも欠かせません。そうであれば、厳しい中にも暖かさのある管理職になるしかありません。

そのために役立つビジネススキルとなるテクニックはあるでしょうか?いろいろ考えますが、最初に思いつくのは、「アサーショントレーニング」でしょうか?自分も他人も尊重しながら、相手の話を聴き、自分の考えを伝えるというアサーティブな関係を維持することができたら、厳しい中にも暖かさのある管理職になれるかもしれません。
ビジネスとNLP | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://humanrelation.jugem.jp/trackback/79
この記事に対するトラックバック