人間関係改善のためのコミュニケーション

NLPトレーナー梅本和比己のブログ
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 傾聴の威力 | main | メンタルヘルスマネージメント検定?種試験 >>

メンタルヘルスマネージメント

最近、メンタルヘルスに対する関心が急速に高まっている気がします。雑誌の特集も増えてきましたが、日本能率協会発行の情報誌JMAマネージメントレビューに掲載された「若手社員のメンタルヘルスケア」は、とても参考になると思います。

今までどちらかというとメンタルヘルス対策は、「コストセンター」としてとらえられていました。プロフィットセンターになるという考え方に変わりつつあるのは、望ましいことだと思います。なぜなら労働者にとってストレスの少ない、メンタルヘルスが良好に保たれることは、働きやすい職場環境になるということだからです。

ところで働きやすい職場環境に必要な条件は、なんといっても「よりよい人間関係」です。職場のストレスとなる原因の一番は、人間関係の悩みです。「コーチング」が普及して、人間関係によい結果をもたらすと期待されましたが、あまりよい結果をもたらしていないようです。

効果がでない職場で起こっていることは、本当の意味で部下の話を上司が聴いていないからです。これからの職場には、「傾聴」をもっと本格的に練習する研修が必要だと思います。最近、「メンター制度」を導入する企業も増えてきましたが、「傾聴」できるメンターでなければ、効果があるどころか、かえってよくない結果を招いてしまうでしょう。
ビジネスとNLP | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://humanrelation.jugem.jp/trackback/77
この記事に対するトラックバック