人間関係改善のためのコミュニケーション

NLPトレーナー梅本和比己のブログ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 扱いにくいと思われる子とその親との接し方 | main | 生命力の奇跡 >>

スポーツとNLP

?今日、交流分析とNLPを組み合わせて、コミュニケーションを活性化させるプログラムを学ぶ研修が、10月6日から8日まで行われ今日終わりました。講師のエーブ・ワーグナー先生は、コロラド州で活躍する有名な経営コンサルタントです。

そのコロラド州の米大リーグチームであるロッキーズが、大活躍しています。ナ・リーグプレーオフ戦にみごと勝利しましたが、これまでナ・リーグのワイルドカード(2位の最高勝率)決定戦で、パドレスに延長13回、9対8で逆転サヨナラ勝ちしたのも劇的な勝利ですが、シリーズ最後の14試合で9月28日まで11連勝し、その後一敗したものの13勝したことで奇跡的にプレーオフ進出を果たしてのナ・リーグプレーオフ戦勝利です。

このような奇跡的なことが、時々スポーツの世界でおこります。このような時には、どのような力が働いているのでしょう?

また、反対にまさかこれほど負けるのかというようなこともおきます。以前、日経ITプロの取材を受けましたが、「苦手意識というくせもの」というコラムの中でトップアスリートも苦手意識には苦労することが書かれています。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070726/278349/

このような不思議な力の秘密を、NLPで考えてみるのもおもしろいのではないでしょうか?
ニュース | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

COMMENT: 10月6日〜8日のセミナーでは大変お世話になりました。 交流分析とNLPともども深い気づきがありました。 そして、私にも「苦手意識」があります。NLPを学んだことで「苦手」の意味が薄らいでいくことを感じています。 今後ともよろしくお願いいたします。
jin | 2007/10/09 10:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://humanrelation.jugem.jp/trackback/75
この記事に対するトラックバック