人間関係改善のためのコミュニケーション

NLPトレーナー梅本和比己のブログ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ゲームと転移 | main | NLPトレーニングについて >>

自己一致

自己一致という考え方や態度は、カウンセラーやコミュニケーションの研修講師にとって欠くことのできないとても重要な条件だと思います。研修講師は、自分がやれていないことを、他の人に勧めることはできませんし、カウンセラーなら、クライアントの話を傾聴することができません。

また、「転移」に対して冷静な対応もできないでしょう。 このような自己一致は、どのようにすれば実現できるのでしょうか?やさしい表現をするなら、自己成長することだと思います。自分はどのような人になりたいと願っているのかという、目標や信念に気づいて、その核となる考えや気持ちを見つめることだと思います。

私も、プロ講師養成スクール「講師のためのセミナープレゼンテーション」(2009年3月1日開催)に参加しましたが、講師の伊藤啓子先生の自己一致している姿に目をみはりました。

伊藤先生の言っていることとが考えていることにずれがなく、すがすがしい思いが伝ってきて思わず感動していました。
対人関係 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://humanrelation.jugem.jp/trackback/114
この記事に対するトラックバック
伊藤啓子さんは憧れの先輩です。もう20年も前からお近づきになりたい!と思いつつ、昨年までずっとご縁がなくて。。。でも、一昨年、ふたりの師匠である岡野嘉宏先生の沖縄のワー...
プロ講師養成スクール 伊藤啓子先生のプレゼンセミナー | 人材開発プロデュース辞典 | 2009/03/23 7:42 AM