人間関係改善のためのコミュニケーション

NLPトレーナー梅本和比己のブログ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

こころを楽にするコミュニケーション技法

 私は、常日頃NLPの魅力をお伝えしたいと願っていますが、『ココロを楽にする
コミュニケーション技法』というテーマで、7月8日(日)にTAとNLPを応用し
たコミュニケーションセミナーを行います。

人間関係に悩む方々が少なくありませんが、本来日本人は、相手の気持ちを察し
たり思いやったりするのが得意だと思います。それが、かえって相手に嫌われた
くないとか、相手を傷つけるのではないかkという形で表れている気がします。

どうすれば、言いにくいことをうまく伝えることができるか?自分も相手も大切
にしながらよい関係を保てるだろうか?といった具体的なコミュニケーションの
スキルをごご一緒に学んでみたいと思っています。

 また、このセミナーにご参加下さる方には、同じタイトルのDVD(約15分)
をプレゼントします。
 そして、このDVDをすでにご購入済の方々のセミナー参加費は、代金の差額
で参加申込を受けつけますので、よろしければどうぞご参加下さい。

(『ココロを楽にするコミュニケーション技法』の内容は)
http://www.iryo.co.jp/q3322.html



NLP活用法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

傾聴力を考える

 10月になり秋も深まってきました。
 さて、私は9月19日から9日間と、3日間のコーチングセミナー、続いて
10月には、交流分析学会、そして、NLPのアドバンスのトレーニングに参
加しました。




 連続した研修で、私が学んだことの一つは、傾聴のスキルアップです。
傾聴は、文字通り相手の話に耳を傾けてよく聴くことですが、「クライアントは,何を話さないか」に気づくことも必要だということです。
 「クライアントは何を話さないか」に注意しながら傾聴すれば、クライアントへの質問も変わってきます。

 次いで、私は10月3日〜4日に横浜市で行なわれた日本交流分析学会第34回大会に参加しましたが、さらに傾聴について深く考える機会になりました。

 発表者の一人である東京経済大学学生相談室の鈴木佳子先生は、「セラピストは、知識・想像力職業的勘・身体感覚を使って、意識的・無意識的に表現しなかったものも含めて受け取る努力をすることが大切です」というようなことを発言されました。
 これらの学びを、今後の傾聴に生かしていきたいと思います。

 NLPのトレーニングでは、「戦略を変える」というスキルが印象に残っています。
いろいろなところで人間関係の問題が生まれますが、改めて考えると関係改善の方法は、人間関係の問題を習慣の一つとして捉え、その習慣を新しい行動や別の習慣に置き換える戦略です。

 戦略のポイントは、問題に焦点をあてるだけでなく(あるいは焦点をあてないで)、解決しようという思考そのものに焦点をあてることです。そうすれば、今までと全く異なる体験が、悩んでいる人を自然に結果枠に導きます。
 とても洗練された方法だと思いましたし、やってみることでその違いを実感しました。

NLP活用法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

質問力

 質問には、沢山の働きがありますが、指導者・上司にとって一番大切なことは、質問によってクライアントや部下が、自分の問題を肯定的な側面から考えることができるように促すことだと思います。


 10月12日〜13日の2日間に渡って「質問こそ力」というセミナーを行いました。講師は、臨床心理士でポンティキュラス心理研究所所長の小林展子先生です。


私も一部の体験学習に参加しましたが、次のような質問をご自分に向かって投げかけてみるワークによる気づきは、とても納得がいくものでした。


仕事で何か失敗した時、次のような質問を自分自身にしていないでしょうか?


何回も同じことを自分自身に問いかけて落ち込んでいることはないでしょうかり?


そして、多くの方が、怒りや不快な気持ちを感じているのではないでしょうか?


(1)どうして、こんなことになってしまったのだろう?


(2)私のどこがいけなかったのだろう?


(3)私は、何をすればよかったのだろう?


(4)どうして、あの人はいつもああなのだろう?


(5)どうして私ばかりが責められるのだろう?


 では、次に下記のような質問を自分に向かって投げかけてみたら、どうなるでしょうか?


(1)私は、これから何をすればよいのだろう?


(2)私は、今何を望んでいるのだろう?


(3)これから何ができるだろう?


(4)あの人は、何を望んでいるのだろう?


(5)私を分かってもらうには、何が必要なのだろう?


 ずいぶん気持ちが違ってくるのではないでしょうか?


特に、質問の何かが自分の価値観や信念に結びついた時、大きな変化すら起こるのではないでしょうか?

NLP活用法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

NLPとイメージ

私たちは、何かを手に入れるにはさまざまな努力が必要だと考えています。特に、自分の弱点を克服するには、自分のしたいことを我慢して相当の努力が必要だと、頭のどこかで考えているところがあります。

もちろん努力はとても貴重なものですが、努力が最大限生かされるための条件についてはあまり考えられていない気がします。私たちの脳は、脳にとってよい状態が保たれていないと、せっかくの努力も実を結ばないのです。さらに、本来の力も発揮されないことがしばしば起こるのです。

NLPのテクニックは、そのすべてに「リソース状態」を使って、脳をよい状態にさせてから望ましい状態を手に入れるように構造化されています。その上、失敗を怖れないようにすべてのことに肯定的な意図を見出して、脳がほぼ完全にリラックスできる状態を作り出します。

そのような状態を作り出すのに、なくてはならないのが「イメージ」です。よいイメージさえできれば、私たちの脳は自然に効果的な能力を発揮し、望ましい状態に向けて行動できるのです。それほどイメージの力は強力です。

そして、イメージ以外に私たちが自分が望むものを手に入れるのに必要なものは、「直面する力」です。NLPのテクニックが成功するかしないかは、イメージと直面する力によって決まると、つくづく思うこの頃です。
NLP活用法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

体の声・言葉を聴く

久しぶりにゲシュタルト療法のワークショップに参加しました。ファシリーテータは百武さんです。ゲシュタルト療法は、NLPのモデルの一つとして有名ですが、十分に学んでいる人は案外少ない気がします。ゲシュタルト療法そのものをしっかり学ぶことは、NLPプラクティショナーにとって確実にスキルアップになると思います。

特に、体の声を聴くという体験をしておくことで、より無意識とのコミュニケーションの意味を理解できると思います。ゲシュタルト療法では、幼少のころに身につけた間違った思い込みやトラウマを「未完了の仕事」という呼び方をしますが、それらは体の筋肉にしっかり刻み込まれているといいます。

体に刻みこまれたさまざまな思いを聴くことで、新しい「気づき」が得られます。人は「気づき」があれば、今までとは違う「選択の自由」を手にいれることができます。つまり柔軟性が生まれるのです。

ワークをする方々が、短時間に柔軟になるのを見ながら、ゲシュタルト療法のよさを改めて感じました。百武さんの次のワークショップは、7月に行われます。関心のある方は、下記のURLをご覧下さい。

http://www.iryo.co.jp/q547.html
NLP活用法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

サブ・モダリティ(従属要素)を変えて嫌な感情を変える

サブ・モダリティとは、人の5感(視覚、聴覚、体感覚、味覚、臭覚)の中のさらに小さい要素のことです。そして、その要素は、自分の脳の中で自分自身が作り出している、あるいは、思い出している情景、音、感情などのことです。

人は、このようなサブ・モダリティによって、自分自身の心の内面を作り出しています。つまり、自分自身の見え方、聞こえ方、感じ方に焦点をあてて、そのやり方を変えれば、過度の怒りや状況にふさわしくない不適切な感情も変化させることができるというのが、NLPの考え方です。


1サブ・モダリティを変える手順まず、過去に体験した楽しい、うれしいという状態を思い出して、その状態がどのように見えて、聞こえて、感じているかを調べます。それがわ分かったら、その状態をあたかも今ここで体験しているかのようにたっぷりとその気分に浸ります。その状態に十分に浸れたら、ここでその感覚をしっかりと覚えておきます。しっかりと覚えられたら、ここで深呼吸し体を動かします。

これで準備ができました。では、始めます。まず、ゆっくりと怒りをイメージします。

(1) 視覚を変える
 嫌な感情を思い浮かべます。何が見えるでしょう。今見えている状況の周りの視覚情報を変えてみて下さい。周りが暗いなら明るくしてみて下さい。全体のイメージを小さくしながら、遠くに遠ざけてみて下さい。

(2)聴覚を変える
もし、周りに音や声があるなら、その音や声の大きさを変えてみて下さい。どのような音や声ならいいでしょうか?ある人の話し声が不快なら、その人が話す声を自分の好むスピードにして下さい。また、声の音色や高低を、自分の好む状態にして下さい。

(3)感覚を変える
体に感じている嫌な感覚を、体の何処に感じるか探して下さい。その部分の嫌な感じを、弱めてみるか、その部分の嫌な感じを、自分好む感覚に変化させてみて下さい。

(4)自分の中にある、苦手を治すのに役にたつ力を使う
怒りや嫌な感じの中に、自分がさっき探したよい状態を放り込むようなイメージを作ってみて下さい。怒りや嫌な感じが、どのように変化するか感じて下さい。

(5)自分の中に嫌な感じが、まだ残っているなら次のことをやってみます
ちょっと体を押して、体がよろけるかどうか試します。体が柳の木のようにしなやかになるまで、体を前後左右にゆり動かします。

(6)よいイメージを体の中に固定する嫌な感じがなければ、今の気持ちを体のどこかに固定します。自分がいいと思う体の一部分を選んで下さい。例えば、手首とか胸の上とか自分がすぐに触れる体の一部を選んで、そこにいい気分を植え付けるようなイメージを作って下さい。

(7)テストしてみ以上のことをやってみて、今までとは違う感覚があるなら成功です。もし、今までと同じなら、先ほどいい気持ちを固定した部分に触って、よい気分を呼び出してよい気分に包まれるのを待って下さい。よい気分に包まれたら、再びテストして下さい。
NLP活用法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

自分のみかた、受けとめ方を変える

9月8日と9日にNLP入門セミナーを行いました。NLPとは何か?という概論から始めて、主にサブモダリティを体験学習で学びあいました。サブ・モダリティとは、代表システムの視覚(V)、聴覚(A)、触運動感覚(K)の中の、さらに小さい構成要素のことをいいます。

私達は、普段何気なく過去の出来事を思い出したり、未来のことを想像していますが、それらは全て自分の脳の中で、思い出しているか内的に作り出しています。つまり、見えたり、聞こえたり、感じたりしていますが、それは外からの情報ではなく脳の中で作り出した情報です。

それらの要素は、全て脳の中にあるのですから、自分がどのように考えるかでどのようにでも変化させることができるはずです。つまり、普段何気なくやっている思い出し方や想像の仕方も、意識すれば自分でコントロールすることができるということです。したがって、サブモダリティを学ぶ目的は、外部の出来事に対する自分の見方、受けとめかたをいかに自分に役立つようにすコントロールできるようになるかということなのです。

例えば、プレゼンテーションや打ち合わせが苦手なら、その時の自分の状態をイメージして、サブモダリティを一つ一つ変えてみます。視覚なら「暗い」ものを「明るく」したり、「大きい」ものを「小さく」します。聴覚なら声の調子や音量を変えます。触運動感覚なら、体に感じるものの位置を変えたり強さを変えます。特に、「怒り」などは、強さを弱めるだけでなく、同時に大きさを変えるととても効果があります。

こんなことを何回もやっていると、すぐにではないにしても確かに「変化」がでます。私も、理由もなく苦手な人がいましたが、ある時まったく違う感覚でその人と話ができて驚いたことがあります。もし、プレゼンテーションが苦手なら、ぜひ試してみて下さい。
NLP活用法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

苦手意識を捨てる2時間セミナー

7月27日午後6時半から「苦手意識を捨てて、なりたい自分になろう」と題する2時間のセミナーを行ないました。仕事の帰りによってくださった方々、またわざわざ遠くから参加してくださった方々、どうもありがとうございました。

短い時間でしたが、なぜ苦手意識が生まれるのか、どうすればそれを緩和できるか、どうすれば捨てることが出来るかなどについて体験学習をしながらお話させていただきました。幸い、よい体験だったと言っていただきましたし、私自身楽しい時間を共有させていただけたと思っています。

苦手意識を捨てるのにもっとも役に立つのは、「分離」だろうと思います。繰り返し分離を練習することは、あらゆる意味で自分の能力を引き出せる気がします。そして、次に役立つのが、「リソース」です。リソースには、人を行き詰まり状態から肯定的な状態、状況へと導いてくれるパワーがあります。

脳は、自分の意識にはお構いなしに深層心理によって、苦手意識にアクセスし「連合」します。だから、意識的にリソースを使っていい状態に連合し、悪いものから「分離」するトレーニングが必要なのです。

私達は、個人的なつきあいや仕事上のつきあいにおいて、解決困難だと感じる問題をかかえる時にはたいてい相反する2つの力が働いています。そんな時、本来の自分の力にアクセスできるようにしてくれるのが、「分離」と「リソース」なのです。
NLP活用法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)